カテゴリー別アーカイブ: こんなお悩みないですか?

不調の原因をストレスでかたずけて心苦しくないですか?

こんなお悩みないですか?

突然ですが、あなたはもしサロンのお客さまに「最近、冷えが辛くて、どうしてでしょうか?」とご相談をされたらなんとお答えしますか?「代謝が下がっているのでは、とか?」そう、それは有りますよね、代謝が下がってくると誰でも冷える。それから?「えっ、他の原因??運動不足とか?」それも有りますよね、運動不足で筋肉量が減ると冷えを感じる。 それから他にはどんな原因がでしょうか? 「えっと、じゃあストレスとか?」出ちゃいましたね、ストレス。いえ、実際にストレスでも冷えます、それは紛れもない事実なのですが、 問題はあなたがストレスという原因に逃げていないか です ストレスで冷える原因は、「自律神経の乱れ」「ホルモンバランスの崩れ」などと言われていますが、あなた自身が他に冷えの原因が思い当たらないから、「ストレスでしょうかね・・・?」とストレスのせいにしているとしたら、それはお客さまに対して真摯なお答えではないと思いませんか? しかもこのストレスという理由は、ほぼ全員が思い当たるから思わずお客さまも「そういえば・・・」と納得して下さる。だから仮にストレスでごまかしたとしても余り胸が痛まない、とっても都合が良い答えです。でも、あなたがもし、「・・・そうなんです、実は胸が痛かったんです・・」と思うなら東洋医学の考えを知ると冷えに限らず、お客さまの様々な不調の原因をスラスラといくつでも上げられる様になって、お客さまに「あっ、私の冷えの原因、それかも知れません!」とお客さまが納得する不調の原因のヒントを上げられる様になります。 続きを読む

あなたのサロンに漢方ティーをどう取り入れる?

こんなお悩みないですか?

ご自身でサロン・教室を 開催している方のお悩みの1つに 新メニューの考案はないですか? 現在のサロンメニューにリピーターさまも多いし、施術・テクニックに自身も有る。 お客さまには喜んで頂いてるけど、だからこそ! 新メニューを取り入れて更にお客さまの喜ぶ顔がみたい! それに自分のスキルももっと広げたい! そんな時にチラッと思うのは、「そうだ、漢方ってどうだろう?!」 そして過去にサロンの新メニューに東洋医学を取り入れようかとお考えになった方は多いはず。 でも取り入れなかった理由は、 「とはいえ 具体的にどうやって取り入れるの?」「今のサロンメニューと合う?」「でも、漢方って難しそう・・・」 そう思って東洋医学の考えを取り入れる事を止めた経験の有る方! 東洋医学の考えは 漢方ティー(薬膳茶)で取り入れる事が 絶対にオススメです! 漢方ティーは 漢方薬にも使われている材料を、その人の今の体調に合わせてブレンドします。 漢方ティー材料は食品なので安心して使えますし、ハーブティーと同じ 材料も有るの使いやすい! サロンで現在お出ししているウエルカムティーやアフターティーを漢方ティーに変えたら、 「このサロン出来る!」 ってお客さまの注目度アップ間違いなし! また漢方的な体質チェックをしてその方にピッタリの漢方ティーをカスタマイズしてお出しする事も出来ます。 それからサロンのコンセプトやイメージに合わせたオリジナル・ブレンドティーや、 季節に合わせた漢方ティーを作ってレジ前商品の様に販売しても良いですよね。 またお客さまへのプチギフトにしてプレゼントしても印象に残るサロンになると思いませんか。 「あっ、良いかも!漢方ティー!」 更に! もしあなたのサロンのお客さまが40代以上の方が多ければ漢方ティーに ご興味を持って頂ける事 間違いなしです。 でも逆に20代~30代前半の方が多い場合は余りご興味を 持って貰えないかも知れません 続きを読む

サロンが成功する人・しない人

こんなお悩みないですか?

当教室のオンライン説明会にお申込みをして下さる方は半分がすでにサロンを開催されている方、残り半分が今後始める予定の方です。そしてどちらの方の場合も、「当教室で東洋医学を学んだ後、サロンにどう東洋医学を活かして行きたいですか?」とご質問させて頂くのですが、この質問の答えに、スラスラと淀みなくお答えになる方と、なんだかキレが悪くボヤーっとしたお答えをなさる方がいます。そして結論からいうと、将来のビジョンがスラスラと答えられない方はこのままサロンを始めても成功しない人です「えっ、そんなの分からないじゃない??」いえ、ところが分かっちゃうんですね、なのでその理由をご説明させて頂きますね。将来のビジョンをボヤーっとお答えになる方に最も多い答えは、「東洋医学で皆を元気にしたい」です。ではちょっと考えて頂きたいのですが、「何らかの不調を抱えて元気になりたいと思っている方は、100人中何人位いるでしょうか?」現代人は多かれ少なかれ不調を抱えている場合が多いので、多く見積もって50人いるとしましょう。そして更に考えて頂きたいのですが、「その50人の中でお金と時間をかけてしっかりと不調を整えたいと思っている方はどれ位でしょう?」ここはグッと減って50人の半分以下、20人位でしょうか。では更に「その20人の方の中で東洋医学で不調を整えたい方はどれ位いるでしょうか?」多分3人いるかいないかでしょう。そしてもっと言いますね、その貴重な3人は競合がひしめくサロン業界の中で、果たしてあなたの個人サロンにいらっしゃるでしょうか?「・・・」多分、「東洋医学で皆を元気にしたい」と思っている方は、何らかの不調を抱えた100人中の50人を対象としてしているんじゃないでしょうか?でもこの50人は自分の大切なお金と時間をかけて、そして東洋医学で不調を整えたいとは思っていません。だから「東洋医学で皆を元気にしたい!」という漠然とした思いではサロンは成功しづらいです。ではどんな答えをお話しになる成功するのかというと、「皆を元気に」ではなくて「誰を元気にしたいのか」がハッキリ決まっている人です。「誰を元気に??」そうです、例えば●冷えで夜寝つきが悪い40代の主婦を元気にや●30代で人に言えず妊活2年目を向かえてるOLを元気にや●更年期で太りだしどんなに頑張っても300グラムも瘦せない方を元気になどなど出来る限り「誰を元気にしたい」のはハッキリ決まっている方はサロンの成功が早い人あなたは「誰を元気にしたいのか」しっかりくっきりと見えていますか? 続きを読む

漢方ティーでお客さまと長く深いお付き合い

こんなお悩みないですか?

サロン・お店を主催しているオーナーさまや お客さまと接するセラピストさまの共通の思いは、 「サロンに入らして下さったお客さまとより長く、 そして深いお付き合いが出来たら」 ではないでしょうか? それは売上的な意味も有るけど、 お客さまの健康や美容そしてココロのケアに携わるお仕事を選んだ方は、 お客さまを元気にして術後はその人の笑顔が見たい、と思っている人が多いはず。 だから初めて入らしたお客さまが リピートでまた来て下さったらとても嬉しいし、 更にその方が定期的に入らしてくださる様になって、 日々気になるお身体や ココロの事をポツポツと お話しして下さったらスゴく嬉しい! 更に更にはですよ、 「旅行に行って来たから これお土産」 なんてご旅行のお土産を持って来て下さったら! もうそれは感涙もの! サロン・セラピストをやってて良かった! ってこっちが元気を貰ってしまいますよね。 っと、 途中から妄想が入りましたが、 サロンに東洋医学の考え、 そして漢方ティーを取り入れると お客さまと長く深いお付き合いが出来るようになります。 というか、 お客さまとより深い関係が築きやすいと私は思います。 「どうして?」 理由は沢山有るのですが、 例えばエステサロンでしたら お客さまの 「小じわが気になるんです・・・」 というお悩みに、 「それにはこの商品が良いですよ、 これには高濃度の何々が入ってて芸能人の何々さんも使ってて~」 と モチロンその商品は良いものだけど、 気付いたらその商品の宣伝になってしまっていて お客さまの小じわの悩みは何処へ・・・・ それではどのサロンに行っても同じ事、 あなたのサロンにリピートする意味がなくなってしまうと思いませんか? でも 東洋医学の考えを取り入れて その人の不調の原因が分かるようになると、 「小じわが気になるんです・・・」 のお悩みに、 ●お食事はどんなものが好み? ●お昼寝しなくても夜までカラダは持つ? ●髪の潤いは最近減ったと思う? ●最近何かストレスは有りますか? などなどその人の生活全部から小じわの原因を知って、 その人に最良の方法をご提案する事が出来ます。 そして そのご提案するものは漢方ティーでも良いし、 お客さまの小じわの原因がサロンのオススメの商品にドンピシャ合っているものだったらなお良いですよね。東洋医学で不調の原因は人それぞれ、 そしてその原因を知る為には沢山お話しを伺います。 そんなコミュニケーションがとれて自分に合うものを選んで下さるサロンなら、 お客さまもセラピスト自身も無理なく長く深いお付き合いが出来るサロンになると思いませんか? 続きを読む